デマンドレスポンス事業

Subaruは、デマンド・レスポンス(DR)プログラムを展開する電力アグリゲータ事業者向けの、クラウド・ベースの
バーチャル・エンド・ノード (VEN)ソリューションです。Subaru を使うことで、効率的に、電力会社からのDRイベント
(電力抑制依頼)をモニター、分析、管理、制御できます。SubaruはOpneADR2.0bの認証を取得しております。

openADR

OpenADR (Open Automated Demand Response)は、電力会社、アグリゲータ、電力消費者間で電力抑制に関するDRシグナルをやり取りするための国際標準規格です。

デマンドレスポンスの流れ

製品パンフレットは下記からDLください。
download

ご質問、導入をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

メーラーが起動しない場合は、info@nishihara-energy.comまでメールしてください。

PAGE TOP